株投資で夢の株生活!!

このブログで毎日の株取引を公開しちゃってます。 私と一緒にゆとりの株生活しませんか!?

BLOGTOP » CATEGORY … 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました

こちらへ移動しましたのでよろしくお願いいたします。

株式投資で夢のトレードライフ
スポンサーサイト

本日利益確定! 7月24日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


7月23日配信 クレディセゾン(東証 8253)を
7月24日(金)1,128円で買い
買値2%プラスの1,151円を目標株価に売り注文
始値1,128円 高値1,171円 安値1,116円 終値1,160円
1,151円で売れました!

7月22日配信 兼松(東証8020)を
7月23日(木)93円で買い
買値2%プラスの95円を目標株価に売り注文
始値93円 7月24日 高値95円 安値92円 終値93円
95円で売れました!

[シミュレーション]
クレディセゾン(東証 8253)
買  1,128円×800株=902,400円
売  1,151円×800株=920,800円
+18,400円

兼松(東証8020)
買  93円×10,000株=930,000円
売  95円×10,000株=950,000円
+20,000円

投資金額合計 11,049,000円
7月累積収支  +269,400円



今日の日経平均株価は前日比151円61銭高の9944円55銭と8日続伸しまし、7月1日以来、約3週間半ぶりに9900円台を回復しました。週末要因に加え、円の下げ渋りに伸び悩む場面もありましたが、引けにかけて先物に断続的な買いが入ると、日経平均も買い戻しに支えられて一段高となりました。
市場関係者からは「(前場活況だった商いが)後場からやや伸び悩んでいたところで先物の動きに引っ張られた。ただ、1万円をトライしてみたいという気持ちはあっても、週末ということもあって、それ以上の上昇を信用していない向きが強かった。日本株は連騰しているが、上げ幅は小さく、米国株と比較すると出遅れている。きょうの上げは物足りない」との指摘がありました。

今日の東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同11.79ポイント高い920.48でした。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり銘柄数1269、値下がり銘柄数319、変わらずが109銘柄でした。

東証業種別株価指数は、全33業種中、31業種が上昇しました。
業種別では、トヨタ 7203.T など自動車株が堅調。第1四半期の受注増が報じられたアドバンテスト 6857.T などハイテク株も強含みで推移し、JPモルガン証が投資判断を「オーバーウエート」(強気)に引き上げたパナソニック 6752.T も買われました。同じく「ニュートラル」(中立)に引き上げたプロミス 8574.T がストップ高となり、アイフル 8515.T がツレ高するなど消費者金融株も高い。商船三井 9104.T など海運株や、住友鉱 5713.T など非鉄金属株も継続物色された。明電舎 6508.T 、GSユアサ 6674.T などもしっかり。
半面、東北電 9506.T 、大阪ガス 9532.T など電力・ガス株は軟調。JT 2914.T 、山崎パン 2212.T など食品株も停滞した。銀行株は、三菱UFJ 8306.T 、三井住友 8316.T 、みずほ 8411.T のメガバンク3行がそろって下落しました。

週明けから大手企業の決算発表がありますね。結果次第で株価にも影響が出てきますので注目です。

では、良い週末をお過ごしください。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

7月23日の市況

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


今日の日経平均株価は前日比69円78銭高の9792円94銭と7日続伸しました。アジア株高でリスク許容度が改善したとの見方もあり、ドル・円は1ドル=94円台を回復しました。日経平均は現物・先物とも大口の買いが観測され、輸出関連株を中心に一段高となり、上げ幅を一時130円超に拡大し、取引時間中としては7月3日以来、約3週間ぶりに9800円台を回復しましたが、引けにかけて利益確定売りに伸び悩みました。
市場関係者は「(後場からの急上昇は)円安やアジア株高もあるが、どちらかというと先物に揺さぶられた不可解な上昇。追随する買いもみられなかった。きょうの上昇が今後につながるかは不透明だが、ドル・円はともかく、対ユーロでは円も弱含んでいるため、このあたりを材料視していく可能性も有り得る。来週の米GDP(国内総生産)に期待する声が多い。国内企業の決算発表が本格化するが、ピーク時には米国の経済指標が多いため、決算は4−6月期の業績を確認する程度」と指摘がありました。

今日の東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同2.11ポイント高い908.69でした。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり銘柄数662、値下がり銘柄数900、変わらずが131銘柄でした。

東証業種別株価指数は、全33業種中、17業種が上昇しました。
業種別では、中期経営計画を発表した富士通 6702.T が高値を更新。ソニー 6758.T などハイテク株や、トヨタ 7203.T など自動車株が一段高。ブリヂストン 5108.T などタイヤ株も高い。住友鉱 5713.T など非鉄金属株も高値圏を維持。商船三井 9104.T など海運株も買われ、井関農 6310.T など機械株も継続物色されました。個別では、クレディスイス証券が投資評価を2段階引き上げた東洋炭素 5310.T はストップ高。明電舎 6508.T 、GSユアサ 6674.T など電池関連株も引き締まった。古河電工 5801.T 、住友電工 5802.T などスマートグリッド関連株も活況でした。
半面、T&DHD 8795.T など保険株は全面安となりました。国際帝石 1605.T 、新日鉱HD 5016.T など石油関連株も軟調。キリンHD 2503.T 、山崎パン 2212.T など食品株も停滞し、ブラジル葉たばこ会社を買収するJT 2914.T にも売りが継続しました。

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

2営業日連続利益確定! 7月22日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


7月21日配信 オリックス(東証8591)を
7月22日(水)5,490円で買い
買値2%プラスの5,600円を目標株価に売り注文
始値5,490円 高値5,710円 安値5,400円 終値5,690円
5,600円で売れました!

7月10日配信 シキボウ(東証3109)を
7月13日(月)150円で買い
買値2%プラスの153円を目標株価に売り注文
始値150円 7月22日 高値159円 安値153円 終値158円
153円で売れました!

[シミュレーション]
オリックス(東証8591)
買  5,490円×200株=1,098,000円
売  5,600円×200株=1,120,000円
+22,000円

シキボウ(東証3109)
買  150円×6,000株=900,000円
売  153円×6,000株=918,000円
+18,000円

投資金額合計 11,049,000円
7月累積収支  +231,000円



今日の日経平均株価は前日比71円14銭高の9723円16銭と6日続伸しました。終値としては7月3日以来、約2週間半ぶりに9700円台を回復しましたね。香港ハンセン指数などアジア株高を背景に、売り方の買い戻しが活発化し、上げ幅は一時100円に迫る場面もありました。マーケットアナリストは「基本的には決算発表待ちで様子見のスタンス。ただし、保守的な企業が多いとみられ、業績上方修正についてはあまり期待できない。決算についてはコスト削減や在庫調整の進ちょく度合いを見比べる程度。個別物色となり、全体としては時期が重なる米国の重要経済指標を確認していく流れ。懸念材料は為替。1ドル=93円台で日経平均1万円台回復は違和感があるし、それ以前にいまの円高水準では、仮に9800円台を回復しても一時的ではないか」と指摘していました。

今日の東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同5.03ポイント高い906.58でした。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり銘柄数1153、値下がり銘柄数416、変わらずが124銘柄でした。

東証業種別株価指数は、全33業種中、26業種が上昇しました。
業種別では、JFE 5411.T など鉄鋼株は業種別値上がり率トップ。井関農 6310.T など農機関連株や、東京綱 5981.T など太陽光発電関連銘柄も高い。第1四半期で経常黒字が報じられたコジマ 7513.T や、ケーズHD 8282.T 、ヤマダ電機 9831.T など家電量販店株も堅調。子会社のシリコンウエハー値上げ要請が伝わった信越化 4063.T など化学セクターもしっかり。個別では、野村証券が「1」(強気)でカバレッジを開始した日信号 6741.T が一時ストップ高となり、6月中間期で経常黒字が報じられたアルプス技研 4641.T も高値圏で推移しました。
半面、商船三井 9104.T など海運株は停滞。東建物 8804.T 、NTT都市 8933.T など不動産関連株も安い。三菱マテリアル 5711.T など非鉄金属株もさえない。個別では、西松屋チェーン 7545.T 、ピジョン 7956.T などが利益確定売りに押されました。ほか、東エレク 8035.T 、トヨタ 7203.T 、武田薬 4502.T なども下落しました。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

本日利益確定! 7月21日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


7月16日配信 NTN(東証6472)を
7月17日(金)345円で買い
買値2%プラスの352円を目標株価に売り注文
始値345円 7月21日 高値361円 安値350円 終値361円
352円で売れました!


[シミュレーション]
NTN(東証6472)
買  345円×2,000株=690,000円
売  352円×2,000株=704,000円
+14,000円

投資金額合計 9,011,000円
7月累積収支  +191,000円



3連休明け今日の後場の日経平均株価は前週末比256円70銭高の9652円02銭と5日続伸し、高値引けとなりましたね。終値では7月7日以来、2週間ぶりに9600円台を回復しました。薄商いのなか、先物へのまとまった買いが観測され、引けにかけて切り返しの動きとなりました。午後1時過ぎに衆院本会議で解散が決定したが事前に想定された内容だったため、市場の反応は限られた感じでした。
市場からは「連休中の遅れを取り戻す格好で、目新しい材料は見当たらない。衆院解散についても、すでに各党の公約も内容が明らかになりつつあり、公約が正式に発表されても大きな反応は見込めない。8月30日の投開票までは4月−6月期の国内GDPぐらい」(国内投信)との声が聞かれた。また、「米国と違って国内は体制が大きく変わるわけではない。過去の例をみても、衆院選の結果で相場が動くことはあっても、選挙期間中は様子見気分が強かった。民主党関連銘柄が物色されているが、今後はネガティブな面もみていく必要がある」との声もありました。

今日の東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同23.26ポイント高い901.55でした。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり銘柄数1479、値下がり銘柄数160、変わらずが60銘柄でした。

東証業種別株価指数は、全33業種中、31業種が上昇しました。
業種別では、6月の粗鋼生産が前月比ベースで2カ月連続で増加したことから、新日鉄 5401.T など鉄鋼株が一段高。住友鉱 5713.T など非鉄金属株も高い。クレディスイス証が投資評価「アウトパフォーム」(強気)でカバレッジを開始した伊藤忠 8001.T など商社株も高値圏で推移しました。また日立建機 6305.T など機械株も継続物色されました。三菱UFJ 8306.T など銀行株や、アイフル 8515.T などノンバンク株もしっかり。バッテリー生産工場を建設する日産自 7201.T など自動車株や、ソニー 6758.T などハイテク株も堅調。
半面、個別で、09年12月期連結業績予想を下方修正したオプテックス 6914.T や、千趣会 8165.T は安い。ファーストリテ 9983.T 、JT 2914.T なども売られ、ANA 9202.T 、JAL 9205.T などもさえない結果となりました。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

株価

最新記事
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

プロフィール

Author:mi2mini
FC2ブログへようこそ!

管理者用
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

全記事リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。