株投資で夢の株生活!!

このブログで毎日の株取引を公開しちゃってます。 私と一緒にゆとりの株生活しませんか!?

BLOGTOP » ARCHIVE … 2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月30日の市況

今月最後の取引となった東京株式市場で日経平均株価は4日ぶりに大幅反落し、大引けは前日比257円19銭安の7994円5銭でした。朝方、経済産業省が発表した08年12月の鉱工業生産指数は前月比9.6%低下と過去最大のマイナス幅を記録したほか、総務省が発表した同月の完全失業率も41年ぶりの悪化幅となり、投資家心理を冷やしました。また世界的な景気悪化に対する警戒感が再び強まった感じですね。企業業績の悪化や今日の外国為替市場での円高進行も相場の重しになったんだと思います。前日までの3日続伸で日経平均が569円上昇しており、きょうが週末とあって戻り待ちや持ち高整理の売りが出やすかったとの指摘もありました。東証株価指数(TOPIX)は反落し、前日比24.44ポイント低い794.03でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1276、値上がり銘柄数は349、変わらずは91でした。

今月の株取引も今日で終わりました。正直かなり厳しい1ヶ月だったように思います。週明けの取引から2月に入り益々厳しい状況になるかとは思いますが、週末ゆっくり休んで
来月も頑張ります。


ランキング参加中!応援よろしくお願いいたします→人気ブログランキング
スポンサーサイト

1月30日の相場展望

おはようございます。
もうすぐ、本日の取引が始まります。

今日は米ダウが200ドルを超える幅で下がりました。
これは住宅の新築件数の激減やフォード・モータースの大幅赤字など、アメリカ国内で悪材料がまとまってしまったこともありますが、昨日急上昇した金融関連株と、ここ3日のダウ上昇から投資家の利益確定売りが続出したことが、今回の下げ幅に大きく影響しました。

日本でも東証が3連騰しており、日経平均が心理ラインの8000円を回復したところまでは良かったのですが、今日のダウ下落から円高ドル安に進む可能性が高く、輸出関連のほか、昨日値を伸ばした保険業や銀行、その他の金融業に関連する株に多く売りが入りそうなきざしが見えます。注意してみましょう。

今日の取引で1月も終わります。
良い取引を終えて、楽しい週末を迎えたいですね。

ランキング参加中!応援よろしくお願いいたします→人気ブログランキング

1月29日の市況

今日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸、終値は前日比144円95銭高の8251円24銭で引けました。朝方には8300円台まで上昇していましたが、これは米国で金融機関の不良債権を買い取る専門銀行の早期の設立観測やオバマ政権の景気対策期待などを背景に米株式相場が上昇した流れを引き継いだのではないかと思われます。海外金融機関の財務悪化懸念が和らいだことで東京市場では三井住友FGや東京海上HDなど金融関連株が買われていました。ところが、8300円台は戻り待ちの売りが指摘されたことや午後を中心に円相場が下げ渋ったことで、後場中ごろには日経平均は8100円台前半まで伸び悩む結果となりました。東証株価指数(TOPIX)は反発し、前日比14.14ポイント高い818.47でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1096、値下がりは495、変わらずは123銘柄でした。

業種別TOPIX(全33業種)は、27業種が上げました。上がった業種はおもに「保険業」や「銀行業」、「その他金融業」などでした。


ランキング参加中!応援よろしくお願いいたします→人気ブログランキング

1月29日の相場展望

おはようございます。
もうすぐ、今日の取引が始まります。

今日は日経平均の続伸が続き、米政府が来週にも、金融機関から不良資産を買い取る構想について発表するとの報道されたこともあり、昨日の米ダウが開始から急上昇し200ドルの大幅上昇で終わっていることやドルも90円まで戻していることもあり、輸出産業周辺の一服的上昇が考えられます。

今日のニュースに、2011年以降に開始予定のケータイ向け放送について、総務省が制度やサービスについて、有料と無料放送あわせて30チャンネルを流すと発表しました。さらには、通信業者が放送を供給するソフト事業を兼業することを禁止し、他業種が番組供給に参入しやすくするそうです。

このケータイ向けの放送は、今のワンセグ放送を進化させたものだそうですが、どうしても見たいドラマとか、ビデオを忘れちゃったときにうれしい機能ですけど、私はあんまり使っていません。

皆さんはワンセグ放送ってつかっていますか?

本日利益確定! 1月28日の取引

オークマ (東証1部:6103)を
1月28日(水)307円で買い
買値2%プラスの313円を目標株価に売り注文
始値307円 高値320円 安値303円 終値318円
313円で売れました!

昭和シェル石油(東証1部:5002)を
1月19日(月)821円で買い
買値2%プラスの837円を目標株価に売り注文
始値821円 1月28日 高値837円 安値802円 終値817円
837円で売れました!

[シミュレーション]
オークマ (東証1部:6103)
買 307円×2,000株=614,000円
売 313円×2,000株=626,000円
+12,000円

昭和シェル石油(東証1部:5002)
買 821円×1,000株=821,000円
売 837円×1,000株=837,000円

+16,000円


投資金額合計  11,390,000円
1月累積収支   +310,500円


今日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、終値は前日比45円22銭高の8106円29銭でした。前場は前日終値を行ったりきたりで推移していましたが、後場は米オバマ政権の経済対策への期待感などから上げ幅を100円超に拡大する場面がありました。欧米の金融不安がいったん後退したとの見方から大手銀行株がそろって上昇するなど、大型株への買いが相場全体の上げを主導した。ただ、その後は戻り待ちの売りなどに押されたようで、少し伸び悩んで引けました。

東証株価指数(TOPIX)は小反落し、1.16ポイント低い804.33でした。

東証1部の値上がり銘柄数は755、値下がり銘柄数は812、変わらずは141でした。

1月28日の相場展望

おはようございます。
もうすぐ、今日の取引が始まります。

先ほど終わった米ダウは58ドル高と続伸していることから、日本もそれに続くと考えられますが、昨日の日経平均が378円高と、大幅に伸ばしたことから下げるかもしれません、油断せずに行きましょう。

今日のニュースから、JR東海の社長がカリフォルニア州が計画している州縦断高速鉄道計画に対して「安全性、効率性などの点で新幹線が最適」とロサンゼルスで行われた環境に関する国際会議で強くアピールしました。

アメリカでは自動車の移動が基本で、都市間の移動に鉄道を使うことはあまりないそうですが、昨年の原油高騰や不況、さらに交通事故の問題などから鉄道を使うことがアメリカでも環境に良いと見直されているそうです。

カリフォルニアで新幹線が走ったら、面白いかもしれませんが、カリフォルニアに旅行して見慣れた新幹線で移動していたら、日本にいるような気がしちゃうかもしれませんね。

本日利益確定! 1月27日の取引

平和不動産(東証1部:8803)を
1月27日(火)212円で買い
買値2%プラスの216円を目標株価に売り注文
始値212円 高値218円 安値209円 終値216円
216円で売れました!

コマツ(東証1部:6301)を
1月26日(月)916円で買い
買値5%プラスの962円を目標株価に売り注文
始値916円 1月27日 高値971円 安値921円 終値966円
962円で売れました!

[シミュレーション]
平和不動産(東証1部:8803)
買 212円×3,000株=636,000円
売 216円×3,000株=648,000円
+12,000円

コマツ(東証1部:6301)
買 916円×1,000株=916,000円
売 962円×1,000株=962,000円

+46,000円



投資金額合計  9,955,000円
1月累積収支  +282,500円



本日の東京株式市場で日経平均株価は急反発し、大引けは前日比378円93銭高の8061円7銭と22日以来3日ぶりに8000円台を回復しました。外国為替市場で円相場が対ユーロやドルで下落したため、トヨタやホンダ、キヤノンなど輸出関連の主力株中心に幅広く買い戻されました。日経平均は前日、約3ヶ月ぶりの安値水準に落ち込んでいたため、自律反発狙いの買いも入りやすかったんでしょうか。

東証株価指数(TOPIX)は3日ぶりに大幅に上昇し、37.21ポイント高い805.49と20日以来5営業日ぶりに800を回復しました。

26日、英銀大手バークレイズが資金繰りに問題はないと発表したことで、欧州の金融危機に対する警戒感がいったん後退。投資家のリスク回避志向が弱まり、売り圧力が低下する一方、買い戻しが増え、株価の戻りが軽くなったそうです。それと経済産業省が27日、一般企業に公的資金を使って資本注入する制度を導入すると発表したことも支援材料になったようですね。

東証1部の値上がり銘柄数は1506、値下がりは150、横ばいは53でした。

1月27日の相場展望

おはようございます。

もうすぐ、本日の取引が始まります。
昨日の日経平均は小幅な下落でしたが、7700円割れで引けたことから底打ち感が出てきて戻り始める兆しを見せています。米ダウも小幅に上昇しており、ここの所続いていた下げ基調はそろそろなりを潜めるんじゃないかな?と考えています。

今朝のニュースをみると、雪印と日本ミルクコミュニティが経営統合を発表します。
私たちが普段見かけるのは「メグミルク」というブランドで、過去に起こった雪印乳業の不祥事から経営危機に陥った同社の救済策として、同社と全農、全酪連が統合して作られたのがこの日本ミルクコミュニティです。

これによって、雪印の経営再建も最終段階に入ったということで、これまで日本ミルクコミュニティは牛乳のみの生産に特化していたところを、雪印との経営統合で、業界3位の総合乳製品メーカーとなるようです。

このところの不況と乳製品離れが加速するなか、業界最大手の明治乳業が、明治製菓と、業界2位の森永乳業が森永製菓と経営統合すると言う乳製品業界の大幅な業界再編は、私たち消費者に良いことなのでしょうか?
ちょっとだけ心配です。

1月26日の市況

今日の東京株式市場で日経平均株価は先週末より続落し、大引けは前週末比63円11銭安の7682円14銭でした。7700円割れは約3ヶ月ぶりの安値ですね。企業業績の悪化懸念が強く、今週にヤマ場を迎える主要企業の決算発表を控え、持ち高調整の売りに押されました。今期に1000億円超の連結営業赤字となる公算が大きいと伝わった日産自が前週末に続いて昨年来安値を付けていました。外国為替市場で円相場が朝方に比べて下落し、極端な業績悪化懸念の和らいだ輸出関連株の一角に買いが入りましたが、指数の上昇場面では戻り待ちの売りが増えました。23日の米株式市場で主要指数が高安まちまちで買い手掛かりに乏しく、香港やシンガポールなどアジアの各市場が春節で休場だったことも見送りムードを誘ったようです。東証株価指数(TOPIX)も続落し、先週末比5.27ポイント低い768.28でした。

業種別TOPIXでは33業種中、21業種が下落し「不動産」「ガラス土石」「その他金融」などの下落率が大きかったです。半面、「海運」「パルプ紙」「保険」など12業種が上昇しました。

東証1部の値下がり銘柄数は834で、値上がりは749、変わらずは129でした。

今週明けの市場は7700円割れの続落で始まりました。世界的に明るいニュースはなかなかありませんが、1月最終週も頑張りましょう!!

1月26日の取引展望

おはようございます。
もうすぐ今日の取引が始まります。


先週の金曜日、300円以上の下げで引けた後というのもあるので、その回復がありそうな感じがするのですが週末に米ダウの下落もあったので、ちょっと心配です。

そういえば昨日のテレビのニュースで、品川にある京浜ホテルの立ち退き問題で騒然としていたところを見ました。

従業員の皆さんは自主営業を行い、あくまでもホテルで働いて稼ぎたいという意欲があるのにもかかわらず、経営母体側が早期に土地・建物を売却してしまいたい思惑もあり、双方の思惑が食い違っているために今回の問題となっているようです。

この京品ホテルの経営母体が、昨年破綻したリーマン・ブラザーズの日本法人だったというのも、何かやるせない気分になってしまいます。撤去・売却は仕方ないかもしれませんが、従業員の皆さんの生活を保障してから売却すべきではないでしょうか?そんな風に思いました。

本日利益確定! 1月23日の取引

東急不動産(東証1部:8815)を
1月23日(金)294円で買い
買値2%プラスの300円を目標株価に売り注文
始値294円 高値306円 安値283円 終値285円
300円で売れました!

[シミュレーション]
不二精機(JASDAQ:6400)
買 294円×3,000株=882,000円
売 300円×3,000株=900,000円
+18,000円


投資金額合計  8,671,000円
1月累積収支  +224,500円


今日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落し、終値は前日比306円49銭安の7745円25銭と、約2カ月ぶりの安値を付けました。円相場が円高方向に傾いたことで引けにかけて下げ幅を拡大し、今日の安値で終えました。今週最終日なのに厳しい結果となりましたね。前日にソニーが2009年3月期の大幅な営業赤字見通しを発表したことや、マイクロソフトや携帯電話機最大手ノキアの08年10―12月期の業績悪化を受け、東京市場でも電機やハイテクなど主力株に業績警戒感が強まったようです。来週は国内企業の08年4―12月期決算の発表が本格化しますから、業績を見極めたいとする投資家は多いはずなので、結果下値でも買いが入りづらかったんじゃないでしょうか。東証株価指数(TOPIX)も反落し、前日比22.36ポイント低い773.55でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1344、値上がり銘柄数は284、変わらずは80銘柄で、業種別TOPIX(全33業種)は、当然のことですが33業種すべて下落しました。

今週末の株式市場をみると悲観される方もいらっしゃるかと思いますが、来週は少し変わってくると思うので、週末はゆっくり休息をとって来週に備えましょう!

今日は煮魚が食べたくなり、旬のキンメダイを買いに出かけたのですが、かなり高かったので結局カレイにしました。私は母親が作ってくれるキンメダイの煮付けが大好きなのでどうしても食べたかったんですが、マダイやヒラメより高いんじゃないかと思うくらいの値段だったのであきらめました。数年前までは切り身などがスーパーにも並ぶ身近な魚だった気がしていたのですが、私たち庶民の口には入りづらくなっているようですね。

今週末は全国的にかなり寒くなるようなので、お体には気をつけて下さい。

1月22市況

今日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反発し、大引けは前日比150円10銭高の8051円74銭で高値引けしました。前日割り込んだ心理的な節目の8000円を回復しました。急速な円高・ドル安進行への警戒感から前場は自動車やハイテクなどを中心に売りが目立ちましたが、後場に入ると不動産株や建設株などの内需株中心に買いが増えていました。日銀がきょう開いた金融政策決定会合で、コマーシャル・ペーパーの買い取りやREIT債の適格担保化など年度末を控えた企業の資金繰り対策を正式に決定したことも支援材料になったようです。「公的年金資金からとみられる買いが入った」との声も聞かれました。今日の東証株価指数(TOPIX)は4営業日ぶりに反発し、8.76ポイント高い795.91でした。

東証1部の東証1部の値上がり銘柄数は1035、値下がりは551、変わらずは124で、三菱地所、住友不動産、大林組、鹿島が上げ、オリックス、アコムが上昇した半面、トヨタ、ホンダ、キヤノン、ソニーなど輸出関連株の主力が下げました。


今日は、カレーの日なんですね。さっき母から聞いたんですがみなさん知ってました?

なんでも、1982年、全国学校栄養士協議会で1月22日の給食のメニューをカレーにすることに決められ、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出されたのがはじまりだそうです。なぜカレーだったかというと、同会が全国で好きなメニューの調査をした結果がカレーライスだったからだそうです。確かにカレーライスってみんな好きですもんね!
それとカレーライスは全国どこでも材料が手に入りやすく調理しやすいことも決め手になったようです。

ただこのカレー給食の日、既に献立が決まっていて変更できなかったので、当初実施したのは全体の2割程度だったらしいです。

せっかくのカレーライスの日ですから、今日の夕食はカレーライスにしようかなって思っています。

本日利益確定! 1月21日の取引

不二精機(JASDAQ:6400)を
1月21日(水)74円で買い
買値5%プラスの78円を目標株価に売り注文
始値74円 高値80円 安値66円 終値67円
78円で売れました!

東京エレクトロン(東証1部:8035)を
1月20日(火)3,160円で買い
買値2%プラスの3,220円を目標株価に売り注文
始値3,160円 1月21日 高値3,310円 安値3,070円 終値3,220円
3,220円で売れました!

[シミュレーション]
不二精機(JASDAQ:6400)
買 74円×10,000株=740,000円
売 78円×10,000株=780,000円
+40,000円

東京エレクトロン(東証1部:8035)
買 3,160円×300株=948,000円
売 3,220円×300株=966,000円
+18,000円

投資金額合計  7,789,000円
1月累積収支  +206,500円


今日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、大引けは前日比164円15銭安の7901円64銭と、8000円を割り込んでしまいました。これは、2008年12月5日以来約1ヶ月半ぶりの低水準でした。前日の米株式相場が金融不安から金融株主導で大幅安となり、嫌気した売りが広がった感じですかね。外国為替市場で円相場が前日比で上昇したことも主力の輸出関連株に業績の悪化懸念を誘い、買い手控えムードが強まったようです。3メガバンク(三菱UFJ、みずほFG、三井住友FG)が下落し、トヨタやホンダなど自動車株にも売りが膨らみました。20日にオバマ氏がアメリカの大統領に就任したので、ひょっとしてご祝儀祝儀があるのではないかと私のまわりで騒いでいたのですが、残念ながら東京市場で買い材料視する声は少なかったようです。東証株価指数(TOPIX)は3日続落し、17.88ポイント低い787.15でした。

業種別TOPIXは、昨日に引き続き今日も33業種中32業種が下げ、上昇は「医薬」の1業種だけでした。

東証1部の値下がり銘柄数は1245と全体の70%以上で、値上がり銘柄は387、変わらずは81と非常に厳しい一日になりました。

1月20日の市況

今日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落しました。大引けは前日比191円6銭安の8065円79銭でした。欧州連合(EU)の欧州委員会が2009年のユーロ圏の実質経済成長率をマイナス1.9%と予測したほか、英銀大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドが2008年12月期に巨額損失を計上する見通しを示したことで、欧州を中心にした世界的な景気後退や金融システムへの警戒感が広がったようです。ただ、トヨタやホンダなど一部の主力株の下値には国内の公的年金の買いが入ったとの観測が聞かれ、午後に入ると日経平均は底堅く推移しました。後場終盤は売り方の買い戻し主導で日経平均は下げ渋りました。東証株価指数(TOPIX)も午後に入ってやや下げ渋り、前日比12.70ポイント低い805.03でした。

業種別TOPIXは輸送用機器以外の32業種がすべて下落してしまいました。特に鉱業やゴム製品、石油石炭製品など世界景気の悪化の影響を受けやすい業種の下げが目立っていました。また、三菱UFJ、みずほFG、三井住友FG、東芝、ソフトバンク、ソニーが下げ、半面シャープが小高く、KDDI、日産自、東電が上昇していました。

今日の東証1部の値下がり銘柄数は1332、値上がり銘柄は295、変わらずは85でした

1月19日の市況

週明け今日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら続伸し、終値は前週末比26円70銭高の8256円85銭でした。前週末の米株式相場の上昇や円相場の下落を好感した一部のハイテクや自動車株への買いが相場全体をけん引し、高い水準での推移が続きましたが、来週から発表が本格化する主要企業の2008年4-12月期決算で、09年3月期通期予想の下方修正が続出するとの警戒感からか、後場は小幅ながら下げに転じる場面がありました。日本時間今晩の米市場が休場とあって外国人の動きは鈍く、値幅取り狙いの資金の物色は新エネルギー関連など材料株に集中していました。東証株価指数(TOPIX)は小幅に反落し、0.16ポイント低い817.73でした。

東証1部の値上がり銘柄数は778と値下がり銘柄数の806を下回わり、変わらずは129でした。

今日は、原発の単独受注が伝わった東芝、鉛蓄電池を手掛け環境関連とされるGSユアサが売買を伴って上昇し、ホンダ、トヨタ、三井物、日製鋼、シャープ、三菱商、東エレク、信越化が買われていましたね。

今週はオバマ大統領の就任式などあり、アメリカがお祭りムードも一色となります。株式市場も何かしら影響があると思います。今週も1週間頑張りましょう!!


ヒマな時間にネット見てたら「おみくじメーカー」が検索ワード1位になっていましたので気になり見てみました。「脳内メーカー」を提供しているサイトの2009年の新作みたいなのでちょっと遊んでみました。くだらないんですけど、暇つぶしにはいいですね。私は今年おみくじ引いていないので試しに自分の名前をいれてみると・・・大吉でした。大吉ってなんだかうれしいのは私だけでしょうか??

暇つぶしにいかがですか。

おみくじーカーはこちらです。

本日利益確定! 1月16日の取引

ミツミ電機(東証1部:6767)を
1月16日(金)1,305円で買い
買値2%プラスの1,331円を目標株価に売り注文
始値1,305円 高値1,354円 安値1,289円 終値1,336円
1,124円で売れました!

イビデン(東証1部:4062)を
1月14日(水)1,667円で買い
買値5%プラスの1,750円を目標株価に売り注文
始値1,667円 1/16 高値1,838円 安値1,720円 終値1,831円
1,750円で売れました!


[シミュレーション]
ミツミ電機(東証1部:6767)
買 1,305円×500株=652,500円
売 1,331円×500株=665,500円
+13,000円

イビデン(東証1部:4062)
買 1,667円×500株=833,500円
売 1,750円×500株=875,000円
+41,500円


投資金額合計 6,061,000円
1月累積収支 +148,500円

今日の東京株式市場で日経平均株価は反発しました。大引けは前日比206円84銭高の8230円15銭でした。今週は良くなかったので、最終日は上がって終わってよかったです。前日の米株式市場でダウ工業株30種平均が反発し外国為替市場で円相場が下落したため、業績の悪化懸念が和らいだ輸出関連株を中心に買いが膨らんだんだと思います。前日に日経平均が大幅に下落していたので自律反発狙いの買いも入りやすかったのも反発の要因でしょう。東証株価指数(TOPIX)も反発し、21.90ポイント高い817.89でした。業種別TOPIXは33業種中、32が上昇し、特に「保険」「鉱業」「輸送用機器」などの上昇率が大きかったですね。東証1部の値上がり銘柄数は1396、値下がり銘柄数は243、変わらずは75でした。明日から2日にわたり全国で大学のセンター試験がありますね。
今年は志願者は54万3981人で、今春に高校を卒業する現役生が過去最高の79.3%を占めているそうです。これだけ就職難ですから、高卒で就職するより大学出てから就職と考えてる学生さんが多いのでしょうか。

ちなみに選考にセンター試験を利用する大学・短大も797校と過去最高だそうです。受験生の皆さんは明日がスタートですよね。この時期私も受験したことをよく思い出します。大変だと思いますが、これから将来を担っていく方々ですから頑張って欲しいと思います。

週末の関東地方は暖かくなるようなので、ちょっと出かけようかなって思っています。

1月15日の市況

今日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落してしまいました。主力株を中心に幅広い銘柄が売られ、終値は前日比415円14銭安の8023円31銭でした。取引時間中で8000円割れとなる場面もありました。アメリカの個人消費が相当低迷しているようで、電機や自動車など主力株の売りにつながりました。先行き不安から買いは限られ、後場には先物中心に見切り売りが目立ちました。東証株価指数(TOPIX)反落し、23.40ポイント低い 795.99でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1234、値上がり銘柄は405、変わらずは74銘柄でした。

業種別TOPIX(全33業種)は、31業種が下落、上昇は「空運業」「電気・ガス業」の2つだけでした。


今朝青森の中央卸売市場に、335キロの大間産クロマグロが入荷したらしいです。近海産マグロは数が取れないので、とても高いんですよね。今日は買い手がつかなかったみたいなんですけど、どれくらいの値段なんですかね。全く想像もつきませんが、車一台帰るくらいはするんでしょうね。そういえばここ最近すし食べてないな~なんて考えてたら急に食べたくなってきました。中トロ美味しいんですよね。

このマグロはどんな味がするんだろう???

本日利益確定! 1月14日の取引

キューピー(東証1部:2809)を
1月14日(水)1,103円で買い
買値2%プラスの1,124円を目標株価に売り注文
始値1,103円 1/7 高値1,131円 安値1,095円 終値1,125円
1,124円で売れました!


[シミュレーション]
キューピー(東証1部:2809)
買 1,103円×1,000株=1,103,000円
売 1,124円×1,000株=1,124,000円
+21,000円


投資金額合計 4,575,000円
1月累積収支 +94,000円


今日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら4営業日ぶりに反発しましたね。大引けは前日比24円54銭高の8438円45銭でした。急速に円高が進んでいたのが少し落ち着き、このところ下げが目立った輸出関連の主力株(トヨタやソニーなど)中心に買い戻されました。また、シャープ、京セラといった太陽電池関連も買われていました。日経平均は前日までの3日間で825円下落していたので、自律反発狙いの買いが入りやすかったのでしょう。ただ、景気や企業業績のさらなる悪化への警戒感から戻り待ちの売りも多かったようで、日経平均は、節目の8500円前後で上値が抑えられ、大引けにかけては伸び悩みました。東証株価指数(TOPIX)も4営業日ぶりに反発し、5.27ポイント高い819.39でした。

東証1部の値上がり銘柄数は998、値下がり銘柄数は586、変わらずは130でした。


最近寒いですね。今日、学生時代の友達から久しぶりに電話がありました。現在結婚して日本海側の地方に住んでいるのですが、70~80cm雪が積もっているそうです。ここのところ毎日雪かきしているそうで、3キロ痩せたと言って喜んでいましたが、雪かきって相当な重労働みたいですね。私は雪かきしたことはないのでその大変さはわからないんですが・・・。雪はキレイですし、冬という季節を感じる意味では素敵なものですが、除雪中の事故や交通事故、雪崩など危険なものという認識も私にはあります。雪の降る場所にお住まいの方は、事故に巻き込まれないよう十分気をつけてお過ごしください。

1月13日の市況

今日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に落とし、これで3日続落となりました。大引けは前週末比422円89銭安の8413円91銭でした。終値で心理的な節目の8500円を割り込んだのはほぼ1ヶ月ぶりではないでしょうか。日本の連休中に米株安が続いたことや、今日のの外国為替市場で円相場が再び1ドル=89円台で推移したことによって、トヨタやキヤノンなど輸出関連株を中心に幅広い銘柄が売りに押されました。東証株価指数(TOPIX)も日経平均同様3日続落し、40.90ポイント低い814.12でした。

東証1部のほぼ9割が値下がりする全面安で、業種別TOPIXも全33業種がそろって下げました。

東証1部の値下がり銘柄数は1564、値上がり銘柄数は112、変わらずは39でした。


私は連休中に風邪で体調を崩し、2日間寝込んでおりました。
でも円相場、アメリカの株価が気になってネットを見てたんですが、かなり調子悪そうな数字だったので気になっていました。

週明けから最悪のスタートですが、なんとかとりかえすべく今週も頑張ります。

1月9日の市況

今週最後日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながらに続落しました。終値は前日比39円62銭安の8836円80銭と、昨年末の8859円を下回わりました。年明けからずっといい感じで来てはいたのですが、明日から3連休があることや12月の米雇用統計の発表を前に積極的な買いが控えられたようです。それと円相場が1ドル=91円台前半と前日に比べ円高・ドル安だったことが、自動車や電気機器など輸出関連株の重しとなりました。東証株価指数(TOPIX)も続落し、前日比5.87ポイント低い855.02でした。

本日の東証1部の値下がり銘柄数は1049と全体の6割を超え、値上がり銘柄は559、変わらずは108銘柄でした。


私が子供のころから好きだった「CHAGE and ASUKA」が今月31日をもって解散すること朝のニュースで知りショックでした。ファンクラブ向けの会報では「無期限活動停止」という表現になるようですが・・・。今年はデビュー30周年なのでいろんなイベントがあるんじゃないかと友人と楽しみにしていたので、まさかの出来事でした。
ソロ活動を充実させるため、あえて解散の道を選んだようですが、解散コンサートもやらないとのことなので、もう2人で歌う姿を生で見ることができません。
人間ですから音楽性の違いや、今後の活動の方向性の違いなど理由はあると思いますが、あまりにも急な解散でしたので本当に残念です。ですが、2人とも大好きなアーティストなのでソロになっても頑張って欲しいと思いますし、これからも応援します。

CHAGE and ASUKAといえば、私は中学生のころ流行った「SAY YES」や「YAH YAH YAH」が好きです(ちょっとミーハーですが・・・)2月に最後のベストアルバムが発売されるので絶対買おうと思ってます。


今日は関東地方は朝から雪が降るといっていましたが、私の住んでいる地区では降りませんでした。でもすごく寒いです。

お休みに風邪などひかないように暖かくしてお過ごしください。

1月8日の市況

8日の東京株式市場で日経平均株価は8営業日ぶりに大幅に反落しました。大引けは前日比362円82銭安の8876円42銭で、安値引けになってしまいました。アメリカをはじめ世界的な景気後退に対する警戒感が再び強まったのか、輸出関連株を中心に東証1部の約8割が値下がりしてしまいました。7日の米株の大幅安や外国為替市場での円下落基調の要因でしょうか、前日大きく買われた銘柄に売りが膨らみました。東証株価指数(TOPIX)も8営業日ぶりに反落し、前日比27.36ポイント低い860.89でした。

アメリカで7日、民間調査会社が雇用悪化を示す統計を発表したり、インテルが2008年10-12月期の売上高を下方修正したことで、実体経済の悪化に対する警戒感が高まったことも少なからず今日の下げにつながったと思います。またアジア各国・地域の株式相場が軟調だったことで日経平均は午後、一段と安くなりました。

東証1部の値下がり銘柄数は1397、値上がり銘柄は252、変わらずは67でした。


今ではほとんどの方が携帯電話を持っていらっしゃるかと思いますが、今の携帯電話料金を安いと思いますか?それとも高いと思いますか??

私は高いなって思うのですが、携帯電話の通話料が安くなるようです。

今日のニュースで、総務省が携帯電話の接続料金について見直す方向で近く検討に入ることがわかったようです。来月中にも情報通信審議会の委員会で議論を始め、今年の秋をめどに結論を出すとのことでした。これで、携帯の通話料金が引き下げられることになりそうです。とてもうれしいニュースですが、いつ頃から安くなるんでしょうか?出来るだけ早くお願いしたいものです。

ちなみに、1分あたりの通話料金が世界でもっとも安いのは、ニューヨークで10.9円、ストックホルムの14.8円、ソウルの15.4円に続き、東京は27.3円だそうです。

私の住んでいる関東では、明日の朝から昼前にかけて雪が降るようです。降れば初雪なんですが、寒いのは苦手なので個人的にはあまり嬉しくないです。
関東南部の平野部、東京23区でも雪が積もる所があるみたいなので、朝の通勤での積雪や道路の凍結による事故が考えられますので、明日は十分注意しましょう!!

3日連続利益確定! 1月7日の取引

富士電機ホールディングス(東証1部:6504)を
12月17日(水)143円で買い
買値2%プラスの146円を目標株価に売り注文
始値143円 1/7 高値149円 安値141円 終値149円
146円で売れました!


[シミュレーション]
富士電機ホールディングス(東証1部:6504)
買 489円×5,000株=715,000円
売 499円×5,000株=730,000円
+15,000円


投資金額合計 3,472,000円
1月累積収支 +73,000円


今日の東京株式市場で日経平均株価は7日続伸し、終値は前日比158円40銭高の9239円24銭で高い水準を付けましたね。前日の米株高や円相場の下落傾向、商品先物相場の上昇基調など好感した買いが先行し、先物買いや売り方の買い戻しも上げに弾みをつけ、上げ幅は一時200円を超える場面がありました。大引けにかけては利益確定や手じまいの売りでやや伸び悩んだ感じがしました。東証株価指数(TOPIX)も日経平均と同じく7日続伸し、前日比12.05ポイント高い888.25でした。

ここのところの円安で、ハイテクや自動車など輸出関連株に買いが集中していました。シャープが連日でストップ高で終えたほか、キヤノンやホンダ、三井物、カシオ、住友電、日立金などもストップ高を付けていました。米オバマ次期政権の政策発動による米景気の早期回復期待を先取りした買いが膨らんだほか、外国人が新年入りに伴って昨年まで抑えていた輸出関連株のウエートを高める動きが広がったとの声も多いようです。

本日の東証1部の値上がり銘柄数は995、値下がり銘柄数は620、変わらずは96でした。

ところで皆さんは、数年前にクローン動物食品の安全性についてテレビや紙面で論議されていたのを覚えてますか?
内閣府食品安全委員会という機関が、成長した体細胞クローン牛と豚について「従来の牛と豚に比べて、差異はない」として安全性を認める報告書をまとめる方針を固めたようです。近日中に正式にクローン牛関連食品の安全性を認める見通しで、早ければ今年中にもクローン動物食品の流通が認められる可能性が出てきました。

スーパーに並んでいる肉のパッケージに「クローン」と書いてある商品を買おうと思いますか?

クローンは同じ肉質の“コピー”を可能にする技術ですので、実用化すれば高品質の牛を大量生産できるため、高級和牛(松坂牛など)を安く食べられることなどメリットはある反面、生命倫理や宗教の立場から反対論も当然出てきます。

人間の欲望を叶えるための技術は日々進歩していますが、本当にこれでいいのでしょうか?

2日連続利益確定 1月6日の取引

日本電工(東証1部:5563)を
1月6日(火)489円で買い
買値2%プラスの499円を目標株価に売り注文
始値489円 1/5 高値509円 安値477円 終値502円
499円で売れました!


[シミュレーション]
日本電工(東証1部:5563)
買 489円×2,000株=978,000円
売 499円×2,000株=998,000円
+20,000円


投資金額合計 2,757,000円
1月累積収支 +58,000円


今日の東京株式市場で日経平均株価は6日続伸しました。大引けは前日比37円72銭高の9080円84銭で、私の記憶では6日続伸1年以上なかったような気がします。円相場が前日大引け時点に比べて下落し、業績の悪化懸念が和らいだ輸出関連株に買いが膨らみましたね。それに伴い、ソニーなどの主力株が買われ、トヨタやホンダなど自動車株も上昇しました。それと、東芝、シャープなども大幅に上昇していました。東証株価指数(TOPIX)日経平均につられ6日続伸し、前日比0.29ポイント高い876.20でした。

年明けからですが、オバマ次期米大統領による大型経済対策への期待から投資家の物色意欲は根強いように思います。それと世界各国政府の環境問題への取り組み強化の流れから、原発や太陽電池などのエネルギー関連銘柄が買われていました。

今日の値上がり銘柄数は801、値下がり銘柄数は773、変わらずは124でした。


明日1月7日は7つの野草を摘んでおかゆに入れる「七草粥」の日ですね。

七草粥が1年間の無病息災を祈る日として中国から日本に伝わったのは、平安時代初期とのことです。当時は野草ではなく、米、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、アズキの「七穀」を入れるのが通常で、穀物から野草「セリ、ナズナ、スズナ、スズシロ、ホトケノザ、ゴギョウ、ハコベラ」へと姿を変えたのは鎌倉時代のようです。

ちなみに7草の意味は以下のとおりです。

セリ …競り勝つ
ナズナ …なでて汚れをはらう
ゴギョウ …仏体
ハコベラ …繁栄がはびこる
ホトケノザ …仏の安座
スズナ …
神様を呼ぶ鈴
スズシロ …汚れのない純白さ


「七草粥」は、私たちにとってもありがたい慣わしといえます。とにかく1杯で約140kcalと低カロリーなので、正月太りのダイエット食としてもってこいのダイエット食なんです。それと「七草粥」には、意外にも薬膳効果もある健康食なんです。

今日の夜に調理し7日に食べるのが慣わしですので、明日の朝食にどうですか?

本日2銘柄利益確定 1月5日(大発会)の取引

トウベ(東証1部:4614)を
12月26日(金)89円で買い
買値2%プラスの91円を目標株価に売り注文
始値89円 1/5 高値93円 安値87円 終値88円
91円で売れました!

イオン(東証1部:8267)を
12月9日(火)889円で買い
買値2%プラスの907円を目標株価に売り注文
始値889円 1/5 高値908円 安値889円 終値898円
907円で売れました!


[シミュレーション]
トウベ(東証1部:4614)
買 89円×10,000株=890,000円
売 91円×10,000株=910,000円
+20,000円

イオン(東証1部:8267)
買 889円×1,000株=889,000円
売 907円×1,000株=907,000円
+18,000円


投資金額合計 1,779,000円
1月累積収支 +38,000円


2009年最初の取引日(大発会)だった今日の東京株式市場で日経平均株価は昨年から5日続伸しました。大引けは前営業日の08年12月30日に比べ183円56銭高の9043円12銭で、ようやく9000円台を回復しました。これは、東京市場が連休中の米株の上昇や円相場の下落を好感し、トヨタやソニーなど輸出関連の主力株中心に買われたのが要因ではないでしょうか。大発会での日経平均の上昇は2年ぶりだそうです。東証株価指数(TOPIX)も5日続伸し、16.67ポイント高い875.91でした。

株券電子化に伴う措置の影響で、昨年12月25日から売買停止となっていたみずほFGやNTTなどにも朝方から買いが集中していましたね。日経平均は、9100円台に上昇する場面もありましたが、年初で半日取引でもあるためでしょうか、買いは続きませんでした。

本日の東証1部の値上がり銘柄数は868、値下がり銘柄数は715、変わらずの銘柄数は102でした。

新年を迎えて初日から9000円台に回復しましたが、実体経済の一段の悪化や、国内政局の混迷など、市場を取り巻く環境は相変わらず厳しいままなので、楽観視せず明日以降注意深く見守っていきましょう。

あけましておめでとうございます

私は年末からの~んびり過ごしています。

年明けからNY株がオバマ次期政権による景気刺激策への期待感などが要因でしょうか9000ドルの大台を回復してますね。

日本の株も今年は期待できるんじゃないでしょうか!なんて安易に考えてはいけない気がします。
5日から株式市場もスタートします。気を引き締めて頑張りますので宜しくお願い致します。

新年を迎え、気分も新たにという意味でブログも新しく致しましたので、是非これからも見に来てくださいね。

株価

最新記事
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

プロフィール

Author:mi2mini
FC2ブログへようこそ!

管理者用
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

全記事リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。