株投資で夢の株生活!!

このブログで毎日の株取引を公開しちゃってます。 私と一緒にゆとりの株生活しませんか!?

BLOGTOP » ARCHIVE … 2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月31日の市況

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。

今月最後日となる今日の日経平均株価は前日比126円55銭安の8109円53銭と3日続落しました。米株価指数先物が伸び悩むと上げ幅を縮め、円安一服感もあってでしょうか下げに転じました。引けにかけて先物にまとまった売りが観測され、金融株を中心に売りが加速し、午後2時55分には147円安の8088円を付けました。市場からは「前日の下げも想像以上にきつかったが、きょうも年金買い期待の高まりが過剰だった反動と思う。米自動車業界への懸念が高まっており、大きく上昇できるような相場ではない。きょうもずいぶん弱い水準で引けたが、週内は25日移動平均線(7712円)を警戒している。4月1日に日銀短観を控え、週末には米3月雇用統計がある。経済指標は最悪期を脱したとする見方が優勢だが、買い材料になるような良い数値を想定しているわけではない。年度明けから年金買いは期待できず、数値次第では売り材料となる可能性が高い」との声が聞かれました。

東証株価指数(TOPIX)は同15.88ポイント安の773.66とこちらも反落しました。

東証1部の騰落銘柄数は、値上がり銘柄数が367、値下がり銘柄数が1243、変わらずが94銘柄でした。


東証業種別株価指数では、全33業種中30業種が下落しました。三菱UFJなどの銀行株をはじめ、大和証Gなどの証券株、損保ジャパンなどの保険株が値下がり率上位で、不動産株、自動車株、ハイテク株も売りが続きました。
スポンサーサイト

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

3月30日の市況

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。

週明けの今日の日経平均株価は前週末比390円89銭安の8236円08銭と大幅続落し、安値で引けました。この下げ幅は今年3番目だったようで、終値としては3月23日以来、1週間ぶりに8300円割れとなってしまいました。オバマ政権の自動車作業部会が、GM(ゼネラルモーターズ)とクライスラーの再建計画を拒否する可能性があると伝わった為、米自動車業界への不安再燃に米株価指数先物が下げ幅を拡大し、更に円上昇も警戒され、利益確定売りに日経平均は下値を探ったようです。市場からは「先週からGMに関しては救済方向で話が進んでいると伝わっていただけに、きょうの報道は過熱感による利益確定売りを加速させる材料としては大きい。このままでは両社とも破たんの可能性は高まるが、再建計画の見直しに2ヶ月の猶予を与えていることから、米政府としても物別れのまま終わらせるつもりはないのだろう。ただ、相場への影響は大きく、週内の相場は8000円割れも警戒する必要がありそうだ」との声が聞かれました。

東証株価指数(TOPIX)は同34.99ポイント安の789.54とこちらも大幅に反落しました。

東証1部の騰落銘柄数は、値上がり銘柄数が259、値下がり銘柄数が1358、変わらずが87銘柄でした。

東証業種別株価指数では、全33業種中32業種が下落し、銀行株や不動産株や保険株が一段安となりました。半面、上がったのは電力株のみという結果でした。

今週は下げから始まりました。先週がちょっと良すぎたというのが正直な感想ではあるのですが、悲観することはありません。今週も頑張りましょう!

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

9日連続利益確定! 3月27日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


3月26日配信 川崎重工(東証1部:7012)を
3月27日(金)205円で買い
買値2%プラスの209円を目標株価に売り注文
始値205円 高値211円 安値198円 終値201円
209円で売れました!


[シミュレーション]
川崎重工(東証1部:7012)
買 205円×4,000株=820,000円
売 209円×4,000株=836,000円
+16,000円



投資金額合計 14,856,000円
3月累積収支  +449,000円



今週末の今日の日経平均株価は前日比9円36銭安の8626円97銭とわずかではありますが反落しました。前日の米国株高が好感され、主力株に買い戻しが入りました。日経平均は一時前日比200円超値上がりし、取引時間中としては1月9日以来に8800円台を回復しましたが、日経平均は昨年来安値(7054円)を付けた10日以降、前日までの11営業日で1581円上昇しました。相場急伸に対する警戒感が広がる中、香港のハンセン指数などアジア主要株の一角が下落したことなどもあって、大引けにかけて急速に伸び悩み昨日よりわずかに下がる結果となりました。また、27日は週末で持ち高調整が出やすい上、3月決算期末を控えて国内機関投資家が動きづらいため、「利食いが出るのは想定の範囲内と、それほど悲観的にみる向きはありません。今後は各国の政策効果などを見極めながら、値固めをしていくのではないかとの指摘が聞かれました。

東証株価指数(TOPIX)は同2.28ポイント安の824.53と10日ぶりの小反落となりました。。

東証1部の騰落銘柄数は、値上がり銘柄数が741、値下がり銘柄数が870、変わらずが93銘柄でした。

業種別株価指数では、不動産業、輸送用機器、パルプ・紙などの上昇が目立ち、銀行業、海運業、水産・農林業が下落しました。

今週は週明けからずっと日経平均が上がり続けた(今日はわずかに下がりましたが)ので、比較的楽な展開の市場だったと思います。ただ、私は楽観視してはいけないと思っています。来週になればまた下げの場面が出くると思いますので気を引きしめて頑張ります。今週もお疲れ様でした。花見などの行事に出席される方は、夜はまだ寒いので体調を崩したり事故に巻き込まれたりしないよう十分気をつけてくださいね。では。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

8日連続利益確定! 3月26日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


3月25日配信 大日本スクリーン製造(東証1部:7735)を
3月26日(木)169円で買い
買値5%プラスの177円を目標株価に売り注文
始値169円 高値179円 安値169円 終値179円
177円で売れました!


[シミュレーション]
大日本スクリーン製造(東証1部:7735)
買 169円×5,000株=845,000円
売 177円×5,000株=885,000円
+40,000円



投資金額合計 14,036,000円
3月累積収支  +433,000円



今日の東京株式市場で日経平均株価は急反発しましたね。米国の経済指標に改善の兆しがみえることから景気回復期待が膨らみ、前日比156円34銭高の8636円33銭と大幅に反発しました。80円程度と推定されている配当権利落ち分を考慮すると実質的な上げ幅は前日比200円を超えました。予想を上回る2月米新築住宅販売や米耐久財受注でマクロ環境の改善期待が強まり日経平均先物やハイテク株が買われましたし、海外勢の売り越しが継続する一方、公的年金の買い観測が引き続き出ています。国内機関投資家がヘッジ売りを買い戻しているとの指摘もありました。
ただ、ファンダメンタルズの転換が確認できたわけではありませんので、投資家の多くは「半身」の姿勢を崩していないようです。需給面でもリバランスを進める公的年金と短期資金の買い以外に実需の買いが増えているわけではないので不安定な状況が続いています。市場では米国の大手金融機関や日本の3月期決算企業の発表がある4月末から6月にかけて株価は再び調整局面を迎えるとの見方が多いですね。「市場参加者の多くはいつ利益確定売りを出すかのタイミングを図っている。新年度のニューマネーが入ってくるとしてもそれからだろう」との声が出ていました。

東証株価指数(TOPIX)は同8.32ポイント高の826.81と9営業日続伸しました。これは、4年7ヶ月ぶりだそうです。

東証1部騰落数は値上がり銘柄数が1000銘柄、値下がり銘柄数が604、変わらずが96銘柄でした。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

7日連続利益確定! 3月25日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


3月24日配信 井関農機(東証1部:6310)を
3月25日(水)255円で買い
買値2%プラスの260円を目標株価に売り注文
始値255円 高値261円 安値252円 終値257円
260円で売れました!

3月23日配信宇部興産(東証1部:4208)を
3月24日(火)178円で買い
買値2%プラスの182円を目標株価に売り注文
始値178円 3月25日高値186円 安値176円 終値185円
182円で売れました!


[シミュレーション]
井関農機(東証1部:6310)
買 255円×3,000株=765,000円
売 260円×3,000株=780,000円
+15,000円

宇部興産(東証1部:4208)
買 178円×5,000株=890,000円
売 182円×5,000株=910,000円
+20,000円



投資金額合計 13,191,000円
3月累積収支  +393,000円



今日の日経平均株価は前日比8円31銭安の8479円99銭と小反落しました。インデックス買いや、先物の大口買いが観測されたので上げに転じる場面もありましたが、戻り売り警戒感は根強くありましたので、方向感に欠ける展開となりました。市場からは「3月期決算銘柄の権利付き最終売買日で、銀行によるポジション調整も活発化しやすかった。戻りが鈍いというよりも、買い材料の乏しい相場で売り方の買い戻しに先物の踏み上げが加わっただけにすぎず、積極的に買いを入れる場面ではない。ファンダメンタルズ面では好転したとはいえない状況だが、最近はベア型ファンドによる買い戻しも多く入っているようだ」との声が聞かれました。

東証株価指数(TOPIX)は5.77ポイント高い818.49ポイントと8日続伸しました。

東証1部の騰落銘柄数は、値上がり銘柄数が1188、値下がり銘柄数が434、変わらずが92銘柄でした。

東証業種別株価指数では、全33業種中10業種が下落し、特に証券株や保険株は停滞していました。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

6日連続利益確定! 3月24日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


3月17日配信 ヤマダ電機(東証1部:9831)を
3月18日(水)3,800円で買い
買値5%プラスの3,990円を目標株価に売り注文
始値3,800円 高値4,180円 安値3,790円 終値4,120円
3,990円で売れました!


[シミュレーション]
ヤマダ電機(東証1部:9831)
買 3,800円×200株=760,000円
売 3,990円×200株=798,000円
+38,000円


投資金額合計 11,536,000円
3月累積収支  +358,000円



今日の日経平均株価は前日比272円77銭高の8488円30銭と大幅続伸しましたね。高値警戒感から伸び悩む場面もありましたが、海外株高や円安、政策期待を背景にした買いが継続しました。

東証株価指数(TOPIX)は同21.16ポイント高の812.72でした。

東証1部銘柄の騰落銘柄数は、値上がり銘柄数が1353、値下がり銘柄数が286、変わらずが75銘柄でした。

業種別株価指数(33業種)では、倉庫・運輸関連業、保険業、小売業、ガラス・土石製品を中心に全業種が値上がりする全面高となりました。

今日は市場も絶好調でよかったんですが、なんと言ってもWBCで日本が世界一になったのが嬉しかったです。私の好きなダルビッシュ(ミーハーなもので)が最後に出てきて試合を決めてくれました。イチローさんも喜んでいましたね。ホントに選手のみなさん感動を有難うございました。精神的にも肉体的にも疲れたでしょうから今日はゆっくり休んでください。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

5日連続利益確定! 3月23日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


3月19日配信 GSユアサ(東証1部:6674)を
3月23日(月)437円で買い
買値2%プラスの446円を目標株価に売り注文
始値437円 高値452円 安値437円 終値450円
446円で売れました!


[シミュレーション]
GSユアサ(東証1部:6674)
買 437円×2,000株=874,000円
売 446円×2,000株=892,000円
+18,000円


投資金額合計 10,776,000円
3月累積収支  +320,000円



週明け初日の今日の日経平均株価は、前週19日終値比269円57銭高の8215円53銭と大幅に反発しましたね。終値で約2ヶ月ぶりに8200円台を回復しました。公的資金流入が観測され、後場寄りから一段高。米金融安定化期待を背景にGLOBEX(シカゴ先物取引システム)の米株価指数先物や上海、香港などアジア株の堅調推移が下支えし、先物への買い戻しを交え、上値を試す動きとなりました。

東証株価指数(TOPIX)は前日比26.79ポイント高い791.56ポイントでした。 

東証1部の騰落銘柄数の値上がり銘柄数は1520、値下がり銘柄数は127、変わらずが68銘柄でした。

東証業種別株価指数では、全33業種が上昇しました。

週明けから市場の調子いいですね。
今日の夜には米国で金融機関の不良資産買い取り機関「バッドバンク」構想の詳細について発表されますが、2月に発表した金融安定化策が具体性の乏しさなどから株安を招いただけに、今回は米政府も本腰を入れてくるんでしょうか。もし期待外れに終わった場合は、市場に失望感が出てきますので急落なんてことも考えられます。今週も注意深く見守っていきましょう!

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

4日連続利益確定! 3月19日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


3月18日配信 王子製紙(東証1部:3861)を
3月19日(金)365円で買い
買値5%プラスの383円を目標株価に売り注文
始値365円 高値383円 安値365円 終値377円
383円で売れました!


[シミュレーション]
3月18日配信 王子製紙(東証1部:3861)
買 365円×2,000株=730,000円
売 383円×2,000株=766,000円
+36,000円


投資金額合計 9,902,000円
3月累積収支 +302,000円



今日の日経平均株価は前日比26円21銭安の7945円96銭と5日ぶりに反落しました。金融株への買いは続いたが、米ドルが96円割れで輸出関連株への警戒感が高まったことで、3連休を前に手じまい売りが加速する動きとなりました。日米とも国債買い入れに積極的ですが、より明確になっていけば日経平均も8000円で値固めの展開となり、戻りも本格化しそうですね。
東証株価指数(TOPIX)は前日比0.1ポイント高い764.77ポイントでした。 

東証1部の騰落銘柄数は値上がり銘柄が871、値下がり銘柄が689、変わらずが154でした。
東証業種別株価指数では、全33業種中12業種が下落しました。円高推移を背景に自動車株やタイヤ株、ハイテク株に売りが強まりました。半面、パルプ・紙株や銀行株、保険株などは引き続き物色されていました。

今週は週末3連休の為、市場は今日で終わりです。季節はもう春の陽気で気温も高く、は東京地方では週末に桜が開花するとのことです。この3連休は出かけられる方も多いと思いますが、くれぐれも事故のない様気をつけてください。ではよい週末を。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

3日連続利益確定! 3月18日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


さが美(東証1部:8201)を
3月13日(金)136円で買い
買値5%プラスの143円を目標株価に売り注文
始値136円 3月18日 高値145円 安値132円 終値135円
143円で売れました!


[シミュレーション]
さが美(東証1部:8201)
買 136円×5,000株=680,000円
売 143円×5,000株=715,000円
+35,000円


投資金額合計 9,172,000円
3月累積収支 +266,000円



今日の日経平均株価は前日比23円04銭高の7972円17銭と、小幅ながらも4日続伸しました。海外株高や円相場の落ち着きなどを受けて、日経平均は一時8000円台を回復しましたが、急速な株価上昇に対する警戒感から利益確定売りが出て買い一巡後は伸び悩み、前日比マイナス圏で推移する場面もありました。金融政策決定会合を受けた白川日銀総裁の記者会見や、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えて様子見気分が広がる中、伸び悩みながらも終値で前日比プラスを保ったので、市場では相場の底堅さが意識され始めている感じですね。

東証株価指数(TOPIX)は同4.03ポイント高の764.67と、日経平均株価同様に小幅ながら4日続伸しました。

今日の東証1部騰落銘柄数は、値上がり銘柄数が758、値下がり銘柄数が830、変わらずが126でした。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

2日連続利益確定! 3月17日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


日立製作所(東証1部:6501)を
3月17日(火)264円で買い
買値2%プラスの269円を目標株価に売り注文
始値264円 高値271円 安値259円 終値271円
269円で売れました!

日本航空(東証1部:9205)を
3月12日(木)198円で買い
買値2%プラスの202円を目標株価に売り注文
始値198円 3月17日 高値204円 安値198円 終値202円
202円で売れました!


[シミュレーション]
日立製作所(東証1部:6501)
買 264円×3,000株=792,000円
売 269円×3,000株=807,000円
+15,000円

日本航空(東証1部:9205)
買 198円×5,000株= 990,000円
売 202円×5,000株=1,010,000円
+20,000円


投資金額合計 8,492,000円
3月累積収支 +231,000円



今日の日経平均株価は前日比244円98銭高の7949円13銭と3日続伸となりました。終値で7900円台回復は2月10日以来のことのようです。先物への断続的な買いが相場を支えいましたので、それが上げ基調を強めました。市場からは「過去6ヶ月間で計算した場合、売買代金が集中しているのは8000~8500円程度。これまで売られ過ぎていたので、この水準まで値を戻す可能性はある。仮需が少ないなど、需給面では過去にないほど良好。また、年度末に向け、日本特有の株評価を上昇させる動きも相場を支えるだろう」との声が聞かれました。

東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、前日比18.95ポイント高い760.64でした。

東証1部騰落数は、値上がり銘柄が1089、値下がり銘柄数が516、変わらずが109銘柄でした。

東証業種別株価指数では、全33業種中、32業種が上昇とほぼ全業種が上昇しました。三菱UFJなど銀行株をはじめ、大和証Gなど証券株や、損保ジャパンなど保険株、アイフル などノンバンク株が継続物色されていました。

ここ3日間の続伸で、明日は8000円を超えるか超えないかが注目ですね。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

本日利益確定! 3月16日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


CSKホールディングス(東証1部:9737)を
3月16日(月)135円で買い
買値5%プラスの142円を目標株価に売り注文
始値135円 高値143円 安値132円 終値141円
470円で売れました!


[シミュレーション]
CSKホールディングス(東証1部:9737)
買 135円×5,000株=675,000円
売 142円×5,000株=710,000円
+35,000円


投資金額合計 6,710,000円
3月累積収支 +196,000円



週明け初日の今日の日経平均株価は前営業日比134円87銭高の7704円15銭と景気減退懸念が薄らいだのでしょうか、続伸しましたね。日経平均の終値での7700円台回復は、1ヶ月ぶりくらいでしょうか。米国でシティグループなどの問題企業が軒並み足元の収益改善を報告したことで、世界的に金融システム不安が和らいでいるようです。週末には、日本を始め、米中など一部の国が追加的な財政出動を表明、このため下値は売り込みづらく、週明けの東京市場は金融株を中心に買い戻しが優勢となりました。ですが、新規に買い増す材料は見当たりませんので、取引は盛り上がりに欠ける気がします。明日から日銀金融政策決定会合や米連邦公開市場委員会(FOMC)が始まります。また、米財務省が中小企業向け融資の支援策の詳細を今夜発表するとの情報もあり、市場は結果を見極めたいと手控え感を感じます。
それと今日の東京市場では、中小型株を含め幅広い銘柄が上昇しましたが、値上がり率の上位には低位銘柄がズラっと並んでましたので、いまひとつ頼りなさを感じますね。

東証株価指数(TOPIX)は同17.39ポイント高の741.69と、日経平均と共に続伸しました。

今週も始まりました。先週配信しました銘柄が利益確定できホッとしております。また今週も頑張りましょう!

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

3月13日の市況

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。

今週最後の取引日でした今日の日経平均株価は前日比371円03銭高の7569円28銭と大幅に反発しましたね。終値ベースで、10営業日ぶりとなります7500円台を維持しました。週末要因もあって、後場の値幅は上下48円と動意に乏しかったですが、G20への期待に買い戻しが優勢となり、小幅ながら一段高となりました。前日の米国では、大手金融機関が1~2月の業績黒字を発表したことなどから景気の先行き不安がやや後退し、国内でも、政府・与党による追加経済対策や株価対策への期待感が高まったのが今日の大幅反発の要因でしょうか。
ただ、指数が買われている状態で底割れ懸念の後退には早い気がします。今日の上昇も一時的な戻りではないかと思ったりします。日経平均の上昇に比べ、TOPIXの戻りが鈍いのも気になるところです。

東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、前日比23.37ポイント高い724.30でした。

東証1部騰落数は、値上がり銘柄が1235、値下がり銘柄数が370、変わらずが108銘柄でした。

東証業種別株価指数では、全33業種が上昇しました。トヨタ、ホンダなどの自動車株や、ブリヂストンや横浜ゴムなどのタイヤ株が高値圏で推移しました。

今週もお疲れ様でした。週末は今日を除けば天気がいいようなので買い物にでもいってこようかなんて思っているんですが、私は花粉症なのでこの季節は少し苦手です。マスクと目薬は手放せません。でもこの季節の風は気持ちよくて好きなので頑張って出かけてきます。皆さんも良い週末をお過ごしください。

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

3月12日の市況

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。

今日の東京株式市場は、前日の急騰の反動に加え円高進行で売り優勢の展開となったため反落し、日経平均株価は、前日比177円87銭安の7198円25銭で終了しました。政府による株価対策などから下を売り込む流れにもなりづらく、結局は7300円レベルでのこう着感の強い相場展開が続いています。展開的には、昨日の300円の上昇の反動とみれば底堅さが意識される展開です。為替相場の円高基調を嫌気する声も聞かれますが、金融正常化に向かいつつある中でドルキャリーの取引が行われてきていると考えれば、それ程嫌気する必要はなさそうです。需給的にもショートに傾いている状況ですから、下値での年金資金や銀行等保有株式取得機構による買取再開の受け皿などから下への警戒はないでしょう。反対に下値の堅さが意識されてくる度に買戻し意識が強まるとみておきましょう。

東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、同21.35ポイント安の700.93と、終値ベースでバブル後最安値を下回って終了しました。市場からは「円高で輸出関連株の上値が重い中、海外勢による金融株を中心とした内需売りが加速した。内需株はこれまで相場が急落するときに支えとなっていただけに、TOPIXの急落は深刻」との声が聞かれました。

東証1部の騰落銘柄は値上がり銘柄数が435、値下がり銘柄数が1143、変わらずが130銘柄と値下がりが全体の60%を占めた結果となりました。

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

本日利益確定! 3月11日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


損保ジャパン(東証1部:8755)を
3月11日(水)460円で買い
買値2%プラスの470円を目標株価に売り注文
始値460円 高値473円 安値459円 終値461円
470円で売れました!

シャープ(東証1部:6753)を
3月10日(火)699円で買い
買値2%プラスの713円を目標株価に売り注文
始値699円 3月11日 高値734円 安値718円 終値731円
713円で売れました!


[シミュレーション]
損保ジャパン(東証1部:8755)
買 460円×2,000株=920,000円
売 470円×2,000株=940,000円
+20,000円

シャープ(東証1部:6753)
買 699円×1,000株=699,000円
売 713円×1,000株=713,000円
+14,000円


投資金額合計 6,035,000円
3月累積収支 +161,000円



今日の東京株式市場の日経平均株価は、前日の米株価反発を受け、金融株を中心に買い戻される展開となり、前日比321円14銭高の7376円12銭と4日ぶりに急反発しました。日経平均は3日間で、370円超下げて割安感が広がっておりましたので、幅広い銘柄で買い戻しが進みましたね。米国の金融不安が後退するとの期待感もありましたので、銀行、保険、証券などの金融株が大きく値を上げました。ただ、市場では、「国内経済の悪化傾向は依然変わらず、株価の反発力は限定的なものだ」との見方もありますので、あまり今日の上げに対して楽観視できません。

東証株価指数(TOPIX)は、同18.78ポイント高の722.28でした。

東証1部の騰落銘柄数は、値上がり銘柄数が1211、値下がり銘柄数が381、変わらずが117銘柄でした。

東証業種別株価指数では、全33業種中、29業種が上昇しました。三住海上など保険株や、野村など証券株に買いが継続し、トヨタなど自動車株、ソニー ハイテク株も高い。
半面、東北電力など電力株は軟調、NTTなど情報・通信株もさえなかったですし、電鉄株も売りが優勢となっていました。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

3月10日の市況

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。

10日の日経平均株価は前日比31円05銭安の7054円98銭、東証株価指数(TOPIX)も同7.03ポイント安の703.50と、ともに3日続落し、連日のバブル後最安値となりました。世界的な景気低迷懸念から輸出関連株などが売られましたが、年金による下支えへの思惑から下値も限定的でした。景気底打ちには欧米を中心とする金融不安の解消が必要とみられていますが、米国では必要な資本注入の規模を判断するために行われているストレステストがようやく始まった段階で米自動車大手の経営再建問題も決着していないなど、年度末に向けて不透明要因も多く、不安定な相場はまだ続きそうです。

今日の東証1部の騰落銘柄数は、値上がり銘柄数が391、値下がり銘柄数が1175、変わらずが143銘柄でした。

東証の業種別株価指数(33業種)では、全33業種中、化学、電気・ガス業、ゴム製品など24業種が下落しました。半面、保険業、不動産業などが上昇していました。

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

3月9日の市況

週明け9日の東京株式市場で幅広い銘柄に売りが集まり、日経平均株価の終値は前週末比87円07銭安の7086円03銭と、昨年10月27日につけたバブル後最安値の7162円90銭)を更新してしまいました。世界的な金融不安などが嫌気され、銀行や保険などの金融株が大きく値を下げましたね。世界経済の悪化が鮮明になる中で、日本企業の業績も一段の悪化が見込まれています。日経平均は一時、前週末終値比144円61銭安の7028円49銭と、7000円割れ寸前まで下落しました。

東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、同10.86ポイント低い710.53で、日経平均同様バブル後最安値を更新しました。3月末の年度末を控え、金融機関などは株安に伴う減損処理を迫られる恐れが出ています。

東証1部の騰落銘柄数は、値上がり銘柄数は497、値下がり銘柄数は1088、変わらずは125でした。

週明け初日から下げスタートですね。日本市場に株価を上げるような材料が特にないなか、世界的な金融不安がネックとなり「7000円を割るのでは」という声も聞かれます。このままですと明日が7000円割れの日になるかもわかりません。ただ、こういう時こそ儲けるチャンスだという声が多数あるのも事実です。今週もなんとか頑張っていきましょう!

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

今週5日連続利益確定! 3月6日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


DIC(東証1部:4631)を
3月5日(水)133円で買い
買値2%プラスの136円を目標株価に売り注文
始値133円 高値138円 安値131円 終値131円
136円で売れました!


[シミュレーション]
DIC(東証1部:4631)
買 133円×5,000株=665,000円
売 136円×5,000株=680,000円
+15,000円


投資金額合計 4,416,000円
3月累積収支 +127,000円



今週最後の取引日となる今日の日経平均株価は前日比260円39銭安の7173円10銭と、3日ぶり急反落しました。金融不安の再燃や景気悪化の長期化に対する警戒感が強まり、ほぼ全面安の展開となりましたね。引けにかけてポジション調整の売りに押され、終値ベースとしては約4ヶ月ぶりの7200円割れとなりました。

東証株価指数(TOPIX)は、3日につけたバブル後の最安値を更新し、前日比20.16ポイント安の721.39でした。

騰落銘柄数は値上がり銘柄は290、値下がり銘柄は1368でした。

業種別株価指数は全33業種中、31業種が下落海運業、銀行業、不動産業などの下落が目立った半面、上昇は空運業、電気・ガス業のみでした。

米株安や中国関連銘柄への売りに7000円割れるのでは?と思ったりしていましたが、比較的しっかりした相場ですね。週末で雇用統計を前に見送り気分が強まる一方、下値では公的の買い期待が根強くあるようです。米国株は相変わらず不安定でどうしようもないんですが、中国や公的年金への期待が下支えしているようで、7000円割れの可能性も分からなくなってきているように思います。日本経済に独特の材料があまりないため、中国関連株の動きには来週以降も引き続き注目していきたいと思っています。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

4日連続利益確定! 3月5日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


日本板硝子(東証1部:5202)を
3月5日(水)205円で買い
買値2%プラスの209円を目標株価に売り注文
始値205円 高値209円 安値202円 終値204円
209円で売れました!

日産自動車(東証1部:7201)を
2月27日(金)307円で買い
買値5%プラスの322円を目標株価に売り注文
始値307円 3月5日 高値337円 安値315円 終値330円
112円で売れました!


[シミュレーション]
日本板硝子(東証1部:5202)
買 205円×4,000株=820,000円
売 209円×4,000株=836,000円
+16,000円

日産自動車(東証1部:7201)
買 307円×3,000株=921,000円
売 322円×3,000株=966,000円
+45,000円


投資金額合計 3,751,000円
3月累積収支 +112,000円


今日の日経平均株価は前日比142円53銭高の7433円49銭と続伸しました。中国の追加景気刺激策への期待を背景に建機や海運など中国関連株が買われ、一時前日比200円を超える上昇となりましたが、7500円から上の水準を買い上がるには中国関連だけでは材料不足ですね。米国での金融システム不安は後退していませんし、6日の雇用統計にも不安があります。米国市場次第なのですが、日経平均は当面、7000円から7500円のボックスで推移しそうですね。

東証株価指数(TOPIX)も日経平均同様に続伸し、前日比9.51ポイント高い741.55でした。

今日の東証1部騰落数の値上がり銘柄は1282、値下がり銘柄は325、変わらずは101銘柄でした。

東証業種別株価指数では、全33業種中28業種が上昇し、コマツなどの機械株が高値圏を維持、資源開発株や海運株なども堅調でした。半面、三菱UFJなど大手銀行株をはじめ、保険株や、証券株の一角が安くなっていました。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

3日連続利益確定! 3月4日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


マルハニチロホールディングス(東証1部:1334)を
3月4日(水)109円で買い
買値2%プラスの113円を目標株価に売り注文
始値109円 高値114円 安値109円 終値114円
112円で売れました!

[シミュレーション]
マルハニチロホールディングス(東証1部:1334)
買 109円×5,000株=545,000円
売 112円×5,000株=560,000円
+15,000円


投資金額合計 2,010,000円
3月累積収支  +51,000円


4日の東京株式市場の日経平均株価は、前日比61円24銭高の7290円96銭と3営業日ぶりに反発して終わりましたね。米国の株安を受けて午前中は昨年10月27日に付けた終値でのバブル後最安値(7162円)を挟む水準で推移しました。午後に入って、中国政府による追加の景気対策の可能性が報じられると香港ハンセン指数などアジア株が上昇し、日経平均は戻り歩調を強めました。公的年金とみられる買いも加わり、先物買いも交え、切り返しの動きとなりました。また、外国為替市場のドル高円安を好感する形で輸出関連株などに買いが入って反発しました。

東証株価指数(TOPIX)は前日比5.24ポイント高い732.04でした。

東証1部騰落銘柄数の値上がり銘柄は1199、値下がり銘柄は395、変わらずは108でした。

東証業種別株価指数では、全33業種中27業種が上昇し、ノンバンク株や資源開発株などが買われた反面、保険株や自動車株が売られていました。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

2日連続利益確定! 3月3日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


神戸製鋼所 (東証1部:5406)を
3月3日(火)110円で買い
買値2%プラスの113円を目標株価に売り注文
始値110円 高値114円 安値109円 終値113円
113円で売れました!

[シミュレーション]
神戸製鋼所 (東証1部:5406)
買 110円×5,000株=550,000円
売 113円×5,000株=565,000円
+15,000円


投資金額合計 1,465,000円
3月累積収支  +36,000円


本日の日経平均株価は前日比50円43銭安の7229円72銭と続落しました。GLOBEX(シカゴ先物取引システム)で米株価指数先物が底堅く、アジア株も下げ渋ったことから、日経平均も下げ幅を縮めました。一部でバッドバンク(不良債権買い取り機関)の具体策が報じられると上げに転じる場面もありましたが、先物に断続的な売りも出て、上値の重い展開となりました。

東証株価指数(TOPIX)は同7.79ポイント安の726.80と、日経平均同様に続落しました。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり銘柄は440、値下がり銘柄は1131でした。

東証業種別株価指数では、全33業種中、27業種が下落しました。資源開発株や石油株が安値圏で停滞しました。商社株や保険株にも売りが続きました。
半面、証券株やノンバンク株はしっかり上昇していました。

今日は、関東南部でもこれから雪が降るという予報となっています。昼くらいから急に冷えてきて今は雨が降っています。本当に雪が降るかなと半信半疑なのですが、とても寒いので体調を崩さないよう暖かくお過ごしください。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

本日利益確定! 3月2日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


ダイエー(東証1部:8263)を
3月2日(月)305円で買い
買値2%プラスの312円を目標株価に売り注文
始値305円 高値313円 安値294円 終値295円
312円で売れました!

[シミュレーション]
ダイエー(東証1部:8263)
買 305円×3,000株=915,000円
売 312円×3,000株=936,000円
+21,000円


投資金額合計 915,000円
3月累積収支 +21,000円


3月初取引の今日の日経平均株価は前営業日比288円27銭安の7280円15銭と急反落しました。金融不安の再燃や景気低迷の長期化に対する警戒感が強まり、主力株を中心にほぼ全面安の展開となりましたね。政府の株価・景気対策や、年金資金などによる下値での買いへの期待は根強いようですが、円相場の下落が一服したため、買い戻しも入りづらく、日経平均は午後の取引で下げ幅を拡大し、一時前営業日比333円安の7234円まで値下がりしました。
今週は米国での景気指標の発表など、先行き不透明感を強めかねないイベントが多いですよね。海外市場や円相場の動き次第で、ひょっとしたら「(日経平均は)7000円前後まで下落する可能性がある」かも?!ですね。

東証株価指数(TOPIX)は同22.12ポイント安の734.59と、日経平均同様に急反落しました。

東証1部騰落数は、値上がり銘柄数が323、値下がり銘柄数が1288銘柄、変わらずが99銘柄でした。

業種別株価指数は鉱業、銀行業、保険業などの下落が目立ち、証券、商品先物取引業のみが小幅に上昇していました。

3月も波乱の幕開けとなりましたね。今月も一気に良くなるとはとても思えませんが、下がったときこそチャンスは来ると私は信じています。大変だとは思いますが、今月も頑張ります!

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

株価

最新記事
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

プロフィール

Author:mi2mini
FC2ブログへようこそ!

管理者用
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

全記事リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。