株投資で夢の株生活!!

このブログで毎日の株取引を公開しちゃってます。 私と一緒にゆとりの株生活しませんか!?

BLOGTOP » CATEGORY … 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月17日の市況

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


今日の日経平均株価は前日比51円16銭高の9395円32銭と4日続伸しました。
米国での株価上昇が好材料視されたものの、東京市場では朝方の数分で買いが一巡してしまい、前場中盤から大引けにかけて、見送りムードが強い中、日経平均株価は9400円をはさんだ小動きが続きました。日経平均が上値を追えなかったのは、為替と買い手不足が最大の原因でしたね。米国で株価が上昇したにもかかわらず、1ドル=93円台と円相場が高止まりしたことは、米国景気の回復に対して懐疑的な見方が多い証拠だと思います。また、上場企業の増資による資金調達が続けてあり、市場から大量の資金が吸い上げられ、需給バランスを悪化させているため、7月いっぱいは増資ラッシュの後遺症が株価を圧迫する可能性もありますね。

市場関係者は「手掛かり材料に乏しいなか、物色の矛先が環境関連から育児関連株へ移行した。ちょうど民主党政策にもつながった格好。週明け21日に解散、8月30日に投開票という事前に伝わっているスケジュールを見込んでいるため、ズレが生じるとマーケットにはネガティブだが、どちらにせよ政局リスクを抱えたまま、上昇トレンドは形成できないだろう」と指摘していました。

今日の東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同26.04ポイント高い8878.29でした。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり銘柄数1030、値下がり銘柄数531、変わらずが138銘柄でした。

東証業種別株価指数は、全33業種中、27業種が上昇しました。業種別では、民主党政策への思惑で、コンビ 7935.T がストップ高したほか、西松屋チェーン 7545.T 、ピジョン 7956.T など育児関連銘柄や、明光ネット 4668.T など教育関連銘柄などが値上がり率上位に名を連ねました。野村不HD 3231.T など不動産株や、損保ジャパン 8755.T など保険株、大和証G 8601.T など証券株も高い。日興シティ証が投資評価「1M」(買い・中リスク)でカバレッジを開始した旭硝子 5201.T 、日電硝子 5214.T などガラス株も堅調。
半面、洋ゴム 5105.T 、ブリヂストン 5108.T などタイヤ株は停滞。資本増強策の検討が報じられたNEC 6701.T をはじめ、エプソン 6724.T 、安川電 6506.T などハイテク株もさえない状況でした。

今週もお疲れ様でした。梅雨も明け、夏が来たって感じがしますが、日本の株式市場はそんな感じがしませんね。政治も混沌としていてはっきりしないですし・・・。しばらくは政治も株式もこんな感じなのでしょうか?
今週末は海の日が絡んで3連休ですね。お子様がいらっしゃる方は海や山に行かれる方も多いのではないかと思いますが、暑いですし、お出かけの際はくれぐれも事故などに巻き込まれないよう注意してください。

では、良い週末をお過ごしください。

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

本日利益確定! 7月16日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


7月13日配信 ファーストリテイリング(東証6683)を
7月14日(火)11,480円で買い
買値2%プラスの11,710円を目標株価に売り注文
始値11,480円 7月16日 高値11,850円 安値11,240円 終値11,340円
11,710円で売れました!


[シミュレーション]
ファーストリテイリング(東証6683)
買  11,480円×100株=1,148,000円
売  11,710円×100株=1,171,000円
+23,000円

投資金額合計 8,321,000円
7月累積収支  +177,000円



今日の日経平均株価は前日比74円91銭高の9344円16銭と3日続伸しました。インテルの決算を好感した米国市場の強い動きや、円相場が1ドル94円台に突入してきたことなどが好感され、日経平均は寄り付き段階で抵抗線として意識されていたSQ値(9386.69円)を突破しました。その後9489.67円まで上げ幅を広げたのですが、節目の9500円には届きませんでした。注目された中国のGDPなど経済指標については、予想通りの結果でネガティブではないものの、ポジティブサプライズとはならなかったことから、後場は手掛り難になってしまいました。円の下げ渋り、米ノンバンクのCIT破たん報道などを背景に上げ幅を縮小し、また前日に米インテルの好決算で急騰した米国株が今晩は反動で下落するとの見方が多く、上値の重い展開となりました。

市場関係者からは「景気回復の遅れに対する懸念が根強く、2−3社の米企業の好決算を確認できただけで全体的に安心感が広がるような地合いではない。国内では、主力株よりも、個別物色の相場が続くだろう。中国GDPも、事前に中国政府の高官から前年同期比プラス8%との発言があったため、過度の期待があった。結局、輸出も優れず、どちらかというと失望感のほうが強い」との指摘がありました。

今日の東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同5.88ポイント高い872.25でした。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり銘柄数965、値下がり銘柄数587、変わらずが146銘柄でした。

東証業種別株価指数は、全33業種中、24業種が上昇しました。業種別では、みずほ証券が投資判断を「1」(強気)に引き上げたブリヂストン 5108.T などタイヤ株が堅調で、新日鉄 5401.T など鉄鋼株、コマツ 6301.T など機械株、三井物 8031.T など商社株、商船三井 9104.T など海運株も高値圏で推移しました。住友鉱 5713.T 、松田産業 7456.T など金関連銘柄も上昇。提携が報じられたトヨタ 7203.T とマツダ 7261.T など自動車株も継続物色されました。
半面、7&iHD 3382.T 、良品計画 7453.T など小売株は停滞しました。新生銀 8303.T 、あおぞら 8304.T など銀行株の一角もさえず、SONYFH 8729.T 、損保ジャパン 8755.T など保険株も売られ、イオンクレ 8570.T 、オリックス 8591.T などノンバンク株も下落しました。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

7月15日の市況

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


今日の日経平均株価は前日比7円44銭高の9269円25銭と小幅ながら続伸しました。様子見気分に日経平均は9300円を挟んだもみ合いとなり、結果的に上値の重さを嫌気した売りに上げ幅を縮小してしまいました。日銀金融政策決定会合で、CP買い切りの延長などを発表しましたが市場の反応は鈍く、手じまい売りに伸び悩んで下げに転じる場面もありました。国内投信のファンドマネジャーは「米インテルの好決算で米株価指数先物が急上昇していた割に、SQ値も試せず、日経平均の戻りは鈍かった。日銀金融政策決定会合の中身はほぼ想定の範囲内で、材料視するような内容でもない。GDPの見通しが下方修正された点が重しになった面もあるが、きょうのさえない展開は、上値の重さを嫌気した売りとみた方が正しい」と指摘していました。

今日の東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同2.20ポイント安い866.37でした。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり銘柄数712、値下がり銘柄数855、変わらずが133銘柄でした。

東証業種別株価指数は、全33業種中、17業種が上昇しました。業種別では、郵船 9101.T など海運株は継続物色され、石油資源 1662.T 、新日鉱HD 5016.T など石油関連株も高値圏を維持。損保ジャパン 8755.T など保険株や、ダイワボHD 3107.T など繊維株も高い。ニコン 7731.T など精密機器株も堅調。個別では、東芝 6502.T 、東電 9501.T と計器事業の新会社を設立する東光電 6921.T がストップ高比例配分。13日に09年5月期連結業績予想の上方修正を発表したゼクス 8913.T も連日のストップ高となりました。
半面、みずほ 8411.T 、りそなHD 8308.T など銀行株が下落し、野村 8604.T 、大和証G 8601.T など証券株も売りが継続しました。三井不 8801.T 、三菱地所 8802.T など大手不動産株も停滞し、NTT都市 8933.T 、アーネスト 8895.T などマンション販売関連株もさえませんでした。

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

2営業日連続利益確定! 7月14日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


7月9日配信 日産自動車(東証7201)を
7月10日(金)540円で買い
買値2%プラスの551円を目標株価に売り注文
始値540円 7月14日 高値554円 安値535円 終値545円
551円で売れました!


[シミュレーション]
日産自動車(東証7201)
買  540円×2,000株=1,080,000円
売  551円×2,000株=1,102,000円
+22,000円

投資金額合計 7,173,000円
7月累積収支  +154,000円



今日の日経平均株価は前日比211円48銭高の9261円81銭と10営業日ぶりに大幅反発しましたね。アジア株高、円高一服など外部環境の好転に一段高となりました。ただ、今晩のゴールドマンサックスの決算発表を前に様子見ムードも広がり、戻り売りが上値を抑えた感じでした。
市場では「きのうまでの9連敗で下落幅は908円。これと比較するときょうの211円高はあまりに小さい。戻りの鈍さを再確認し、調整局面との見方も変わらない。今晩のゴールドマンサックスやインテルの米企業決算についてはある程度織り込み済みとみてよい。ただ、米国でも追加の経済政策を重要視する声が高まっているなかで、国内では月末に衆院解散、来月末に投開票と1カ月以上も政界に空白期間があるのは大きな懸念。米企業決算よりも、国内では政局リスクで動きにくい相場が続くだろう」と指摘しています。

今日の東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同16.15ポイント低い868.57でした。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり銘柄数134、値下がり銘柄数1525、変わらずが40銘柄でした。

東証業種別株価指数は、全33業種中、29業種が上昇しました。業種別では、野村 8604.T など証券株が継続物色され、旭硝子 5201.T などガラス株も高い。三井金 5706.T など非鉄金属株もしっかり。コマツ 6301.T など機械株も上昇しました。日産自 7201.T など自動車株も高値圏で推移し、安川電 6506.T などハイテク株も堅調。09年5月期連結利益予想を上方修正したいゼクス 8913.T がストップ高となり、東栄住宅 8875.T など不動産関連株も買いが優勢となりました。
半面、塩野義薬 4507.T 、田辺三菱 4508.T など医薬品株は下落しました。東北電 9506.T 、大阪ガス 9532.T など電力・ガス株もさえず、JR東日本 9020.T 、京急 9006.T など電鉄株も軟調な動きでした。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

本日利益確定! 7月13日の取引

私の株取引の実績はこちらです。

人気ブログランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします。


6月30日配信 キリンビールホールディングス(東証 2503)を
7月13日(月)1,348円で買い
買値2%プラスの1,375円を目標株価に売り注文
始値1,348円 7月13日 高値1,431円 安値1,380円 終値1,392円
1,375円で売れました!


[シミュレーション]
キリンビールホールディングス(東証 2503)
買  1,348円×1,000株=1,348,000円
売  1,375円×1,000株=1,375,000円
+27,000円

投資金額合計 6,093,000円
7月累積収支  +132,000円



今日の日経平均株価は前週末比236円95銭安の9050円33銭と9連敗し、安値で引けました。終値で9100円割れは5月18日以来、約2カ月ぶりのことですね。1ドル=92円台後半と円高一服していた為替相場が再び92円台前半と円高に傾き、地合いが悪化。GLOBEXの米株価指数先物が下げ幅を拡大したことも手伝い、先物にまとまった売りが出て、日経平均は一気に値を消しました。一部で「7月21日に衆院解散、8月30日に投開票」と報じられ、政局混迷を嫌気する売りに一段安となりました。

市場のストラテジストは「追加の経済対策を期待する声が強いなかで、政局不安が強まるのは相場にとっても足かせだが、きょうの下げは一時的なもの。足元では9000円割れの懸念も強まり、踊り場といった様相だが、3月以降の急上昇について来れなかった投資家が参加する良いタイミングと前向きに捉えておきたい。仮に9000円を割り込んでも、アク抜け感が浮上する可能性があり、更に下押すような展開は想定しにくい」と指摘していました。

今日の東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同20.08ポイント低い852.42でした。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり銘柄数134、値下がり銘柄数1525、変わらずが40銘柄でした。

東証業種別株価指数は、全33業種中、32業種が下落しました。業種別では、野村 8604.T など証券株が下落。オリックス 8591.T 、アイフル 8515.T などノンバンク株も売られ、フィデック 8423.T はストップ安。新日鉄 5401.T など鉄鋼株、住友鉱 5713.T など非鉄金属株も安い。旭硝子 5201.T 、日本板硝子 5202.T などガラス株も停滞しました。ダイワボHD 3107.T など繊維株も軟調。三菱UFJ 8306.T など銀行株も下押しました。トヨタ 7203.T など自動車株や、京セラ 6971.T などハイテク株も売られ、GSユアサ 6674.T など電池関連株もさえませんでした。
半面、サントリーHD(非上場)との経営統合が報じられたキリンHD 2503.T が年初来高値を更新し、業界再編期待から、アサヒ 2502.T 、サッポロHD 2501.T なども物色されました。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

株価

最新記事
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

プロフィール

mi2mini

Author:mi2mini
FC2ブログへようこそ!

管理者用
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

全記事リスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。